映画『アイアンマン』シリーズのあらすじ、作品一覧まとめ!

アメコミ

全てはここから始まった!!!

take-channel(@takec47292821) / Twitterへようこそ!

マーベルコミックを実写化したマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて記念すべき第1作目を飾った『アイアンマン』。
ロバート・ダウニー・jrを主演に迎え、世界中で大ヒットした作品です。

今回は、映画『アイアンマン』シリーズ3作品をご紹介♪

『アイアンマン』を視聴するならどのサービス?

配信状況月額料金(税込)無料お試し期間
U-NEXT2189円31日間無料
AmazonPrimeVideo500円30日間無料
dTV550円1ヶ月間無料
Disneyプラス1作目×
2,3作目〇
990円なし

『アイアンマン』シリーズが配信されてる配信サービスです。
ディズニープラスでは、1作目の配信は確認されませんでした。後は、サービスによって1作目だけ無料で2、3作目はレンタル/ポイント作品となってるサービスもあるようですね。

どの動画配信サービスが自分にあうのか分からないという人向けに参考記事を貼っておきます。

 

『アイアンマン』とは?

アイアンマン/トニー・スタークは、億万長者の企業家でプレイボーイ。
天才的な頭脳を持っており、自ら開発したパワードスーツを身にまといアイアンマンとなれば、自身が最強の武器となり、超人的な腕力や飛行能力を発揮。手のひらや胸かにはビームが搭載されているほか、複数の武器が存在する。パワードスーツは映画作品ごとに、グレードアップされている。

『アイアンマン』(08)

マーベルコミックの実写映画化したマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の記念すべき第1作目。
主演・ロバート・ダウニー・jr、監督は出演も兼ねているジョン・ファブロー。

巨大軍事企業のスターク・インダストリーズの社長・トニー・スタークは、アフガニスタンでアメリカ軍に自社兵器のプレゼンをしていたところ、テロ組織に拉致される。
トニーは大怪我を負うが、同じく捕らえられていたインセン博士によって一命を取り留めていた。

トニーは解放の条件として新型兵器”ジェリコ”の開発を進められるが、トニーは天才的な頭脳を駆使し、パワードスーツを作り出すことに成功。
脱出したトニーは、自身の作る武器がテロリストに使用されていたことに落胆し、武器製造を中止し、テロ組織を撲滅するため自らアイアンマンとして行動するようになる。

しかし、トニーの部下に、テロ組織に通ずる者がいて・・・・。

アイアンマンの誕生を描いて世界中で大ヒットしたMCUの1作目です。お調子者だが天才的な頭脳を持ち、次々とスーツを改良していくシーンは見応えありますね。彼の会社は父親のハワードから受け継いでおり、映画『キャプテン・アメリカ』では、若い頃のハワードが登場しますよ。

『アイアンマン2』(10)

前作の最後に自身がアイアンマンであると世間に公表したトニー・スターク。世界中で起こる紛争を鎮圧し続け、世界平和に貢献していたが、政府からはアイアンスーツは危険な兵器と判断されスーツを引き渡すよう命じられる。

トニーは断固として拒否するが、そんなトニーの前に強力な敵”ウィップラッシュ”が登場する。
アイアンマンと互角の力を持つことから、同等のテクノロジーが他にも存在することを世間に知らしめたことから、「スーツを政府に渡せば良かったのでは?」という世論を巻き起こしていく。

本作では、スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウが初登場。MCUシリーズにおいて重要なキャラクターである彼女の活躍に注目。また、前作でテレンス・ハワードが演じたアイアンマンの親友ローディは、本作からドン・チードルへバトンタッチ。彼も、ウォーマシンとなって大活躍していきます。

『アイアンマン3』(13)

人類滅亡の危機を救った『アベンジャーズ』の戦いから1年後、トニー・スタークはアイアンスーツの開発に没頭していく。アメリカ政府はヒーローたちが地球の防衛を担ってることを危惧している中、トニー・スタークの自宅が襲われてしまう。
正体不明の敵の攻撃によって、全てを爆破されたトニー・スタークは、天才的な頭脳を武器に1人、戦いに臨む。

アベンジャーズの続編的な意味を持つ本作。アクションシーンももちろんド派手だが、トニー・スタークのドラマ性が重視されてる。敵対していたテロ組織テン・リングスの首領マンダリンの正体!?がまさかの・・・。最後、開発したこれまでのアイアンスーツによる打ち上げ花火は見もの。

Amazonプライムビデオで観る 30日間無料お試し

 

本ページの情報は22年5月22日時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました